コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 14日

CoEブラジル・アーリーハーベスト2013シッチォ モンテ アレグレ

f0231406_19401457.jpg

ワールドカップブラジル大会もドイツの優勝で幕を閉じましたが、
当店ではカップオブエクセレンス2013ブラジルアーリーハーベスト
シッチォ モンテ アレグレが発売中です。
アーリーハーベストはパルプトナチュラルやウォッシュトで仕上げられたコーヒーで
オークションが行われます。
定番で販売しているバウ農園のコーヒーはどちらもナチュラル精製ですので、
いつもとは違うクリーンで爽やかなブラジルコーヒーがたのしめます。



ブラジルでは、Early Harvest COE(パルプドナチュラル)とLate Harvest COE(ナチュラル)
の2回の品評会が行われます。
今回のEarly Harvest COE 2013では32のコーヒーが受賞されました。

ミナスジェライス洲のマンチケイラ山脈に位置する「カルモ・デ・ミナス」に
モンテ アレグレ農園はあります。「カルモ・デ・ミナス」地区は、
ブラジルのトップ・スペシャルティコーヒーを輩出する生産地としてこの数年
注目されているエリアです。標高が高く起伏に富んだ地形で降水量が豊富などコーヒー栽培に
最適な気候・地理条件に恵まれており多くの農園がCOEなど様々なコンペティションで
入賞するなど非常に高い評価を得ています。

モンテ アレグレ農園の農園主であるグリシア・カルネイロ夫人は高品質のコーヒー栽培に
情熱を注ぎながらも、持続的可能なコーヒー生産に専心的で、環境保護に努めています。
そのため農園ではその土地固有の動植動物が多く残っており、古来の生態系が守られています。

農園では完熟チェリーの手摘みから始まります。
収穫されたチェリーは即日センターに持ち込まれ、水洗いした後に精選処理されていきます。
乾燥後は木製サイロで30日以上保管し、Pro-Café(旧IBC/ブラジルの研究機関)との連携で
品質管理を行っております。


農園名:Sítio Monte Alegre シッチォ モンテ アレグレ
農園主:Glycia Emerenciana Pereira Carneiro グリシア エメレンシアナ ペレイラ カルネイロ
地域・エリア名:Carmo de Minas カルモ・デ・ミナス/ミナスジェライス州
農園面積:30ヘクタール
コーヒー栽培面積:20ヘクタール
標高:1,100m
品種:イエローブルボン
生産処理(精製):パルプドナチュラル
順位:9位(Score 88.16)
カップコメント:
アロマ/フレーバー : レモン、フローラル、キャラメル、ココア、カラメルにしたライム、
スパークリング
酸の特性:バランスのとれた、複雑な、とても良い その他:調和のとれた、クリーミー、
ボディが構造的、驚くようなマウスフィール、キャロットフィニッシュ

[PR]

by motoyama-coffee | 2014-07-14 19:59 | カップオブエクセレンス | Comments(0)


<< 世間的に三連休ですが      明日、6日は店休日です >>



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧