コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:オリジナルブレンド( 4 )


2012年 07月 13日

しらさぎ

これまでに経験したことのないような大雨の熊本。
各地で甚大な被害がでているようですが、
こちら玉名は大丈夫です。

まだしばらくは降り続くようなので
これ以上被害が拡大しないよう引き続き要警戒です。

降りすぎても困る梅雨時の雨ですが、あんまり降らないのも
稲作農家には困るんじゃないでしょうか?

f0231406_1748268.jpg

エサを求めて渡ってくるのか、
この時期は、田んぼのまわりでよく見かけます。
彼らもこんなに大雨がふって驚いてるんじゃないでしょうか?



しらさぎブレンド


ライトで上品なタイプのブレンドです。
軽さの中にも奥行きのある味わいなので、
飽きのこない1日に何杯も飲みたくなるコーヒーです。 
玉名温泉はしらさぎが旅の疲れを癒しにくるともいわれています。
しらさぎブレンドでほっと一息。日々の疲れも癒されます。
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-07-13 18:02 | オリジナルブレンド | Comments(0)
2011年 01月 15日

The City

外に出るのがいやになるほど、毎日、寒い日が続いております。
おかげで、我が家の放蕩息子ろくろうは、しばらく朝の散歩にいけていません。
(朝は、僕の担当のため。夕方は行ってるみたいです。)

だいたいが、いまの住まいが小岱山のふもとの自然がいっぱいの
たぬきやいのししもときおり現れるほど素敵なところなので、
冷え方も半端ではありません。

こんなときは、家にとじこもって、温かいコーヒーを飲みながら、
音楽を聴いたり、読書をしたりしたいものです。
犬もこたつで寝てますしね。

で、こんなときにピッタリなのが、
シティブレンド 小岱山のあおあらし
です。

小岱山の豊かな自然をイメージした、酸味はおさえめ、軽い苦みが心地よいブレンドです。
甘いものとの相性もばっちりです。

シティというのは玉名シティということではなく、
シティローストという焙煎度合いを表す言葉からなんですが、
説によると、シカゴもしくはニューヨークなどの大都会で好まれるローストという話もあります。

玉名はどう転んでも田舎ですが、この曲を聴きながら、
雪の残った山道を走ったりなんかすると意外とマッチしたり・・・



キャロル・キングがtapestry発表まえにやっていたバンドで、
“夢語り”というアルバムを一枚残しています。

つづれおりにくらべると地味な印象ですが、今の時期に聴きたくなる一枚です。
The Cityはニューヨークのことでしょうが、田舎の風景にもぴったり。

シティブレンド 小岱山のあおあらしと合わせてどうぞ!
[PR]

by motoyama-coffee | 2011-01-15 19:49 | オリジナルブレンド | Comments(0)
2010年 10月 07日

ゴロワーズを吸ったことがあるかい?

「ゴロワーズを吸ったことがあるかい?」
と問われれば、

「いいえ、ありません。」
と答えますが、

「“ゴロワーズを吸ったことがあるかい?”を聴いたことがあるかい?」
と問われれば、

「はい、あります。」
と答えます。

当店で深煎り好きのお客様に好評いただいている
“フレンチブレンド サンジェルマン・デ・プレ”

「こんな玉名みたいな田舎で気取った名前ば付けてから~!」と
お思いのお客様もいらっしゃるでしょう。
僕もややそう思います。

または「フレンチだけんサンジェルマン?そのままじゃん?」と
お思いのお客様もいらっしゃるでしょう。
僕もややそう思います。

そんな時には、
「パリのサンジェルマン通りの有名な文学カフェで飲んだコーヒーが忘れられなくて・・・」
等といかにもな説明をするのです。

確かにフランスで飲んだコーヒーはどこもおいしく、パリに至っては
ホントに数メートル置き位に見事にカフェだらけ、
且つ、テラスの狭いテーブルに人だらけで、文化の違いをまざまざと見せつけられた感じでした。

ウチのコーヒーも玉名の人々の生活に根付くようにという想いもありますが、

やはりこれ。




一口吸えばパリにひとっとび
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-07 18:51 | オリジナルブレンド | Comments(0)
2010年 09月 11日

夏の終わりのハーモニー

昼間はまだまだ残暑厳しいですが、朝夕は風も涼しく感ぜられ
もうさすがに涼しくなるやろと思う今日この頃。

初めて来店されるお客さんもチラホラ増えてまいりました。

初めての方にも極力好みに合ったものをすすめたいと思うのですが、
味の好みは千差万別、人それぞれ。
言葉で説明するにも共通の認識がないと難しいものです。

そこで、まず試していただきたいのがハウスブレンドの
たまきなブレンドです。

苦みと酸味のバランスが良く老若男女問わず人気の高い、
当店の顔ともいえるブレンドです。
ミスター味っ子風に言うと「まあ、のんでみてよ!」です。

ブレンドというと混ぜ物的にとらえる方もときどきいらっしゃいますが、
当店では10グラムのサンプルに対して一粒を足すか足さないかのレベルの微調整をへて、
ブレンドしているので、他のストレートよりも格段に手間がかかっているのです。

それなのにブレンドは他のストレートにくらべ値段を低めに設定し、
コスパは非常に高いので、日常的にどんどん飲んでいただきたいです。

ブラジル、タンザニア、コロンビア、グアテマラのFAB4の奏でるハーモニーを
ぜひ、ご堪能下さい。



"This boy"邦題は“こいつ”です。

この頃はまだまだシンプルで芸もあらびきですが、
この後どんどん難解で複雑になっていってもポップさは忘れない。
創意工夫と冒険心、&遊び心に敬意を表したいです。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-09-11 17:10 | オリジナルブレンド | Comments(0)


    



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧