コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 30日

街のはずれのコーヒー屋

「コーヒーもう一杯」はボブディランのアルバム「欲望」のなかの一曲のタイトル。

そして漫画の「コーヒーもう一杯」の舞台によく登場するのが昔ながらの喫茶店。

福岡で二十代を過ごした僕はなんとなく天神の“風街”を思い出すのです。
いまは移転してしまったけれどすぐ近くに有名な中古盤屋”ジュークレコード”があって、
ロックが好きな僕はよく通っていたのです。

“風街”はたぶん、はっぴぃえんどのアルバム「風街ろまん」からとったものだろうし、
店構えの醸し出すオーラというか勝手なフォーク喫茶という時代錯誤な思いこみから
ずっと店に踏み入ることはなかったんです。

ただでさえ、あの鮎川誠さんを始めとする博多のロックを影から支え続けてきた
松本“キンキー”康さんが営む”ジュークレコード”で緊張しながら
レコードをチョイスした後では、魔のフォーク喫茶(思い込み)に踏み入る
気力はなかったんです。

大学も卒業して、しばらくたったある時、昼飯をたべようと現ショップリーダーに
連れられて入ったのが最初だったんです。

そしてそこは想像とは違う、活気があって店員さんも気負わず必要十分、
思う存分ぼさっとできる居心地のよい喫茶店だったんです。
メニューの説明文も懐かしさを感じる字体でユニークな文章で楽しめます。

それからは一人で天神にでたときにも立ち寄るようになったんです。

もうすぐ秋なんです。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-30 17:59 | Comments(0)
2010年 08月 26日

本山文庫

 こんにちは、名ばかりショップ・リーダーです。

コーヒーのモトヤマでは立ち飲みスタイルでコーヒーを飲むことができます。小さなカウンター

ですが小休憩にコーヒーを…という方もいらっしゃいます。

そのカウンターの下にはわずかですが、コーヒー関連の書籍・雑誌を置いています。

創刊2号のクウネルのコーヒー特集号や一個人のコーヒー特集号など、趣味嗜好・思想関係なく

「コーヒー」というキーワードのもと集めておりますので、興味のあるものをパラパラと見て

もらえれば、と思っております。

「コーヒーもう一杯」は唯一のコミックスで、細かいところにコーヒー関連の固有名詞がちりば

められており、興味のある方は楽しめるのではと思います。そのタイトルからもわかるよう、

音楽、文学などコーヒーと切り離せないものもちょこちょこ出てきますので面白いです。

なかでも、織田作之助と妻・一枝の回は“花は桜木、男はオダサク”の私にとって、感涙でした。

最近、ブックオフにて半値以下で購入した(恥ずかしながらヘヴィーユーザーです)講談社の

「ティー&コーヒー大図鑑」は分かりやすく、お茶の知識も得られるので私如きには最適です。

 他にもございますので、私共の軽妙なトークに飽きたときはお気軽にご覧ください。
f0231406_18362656.jpg

[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-26 18:46 | コーヒーチョットいい話 | Comments(0)
2010年 08月 22日

残暑見舞い申しあげます。

f0231406_177345.jpg

 まだまだ暑い日が続きます。外にいると、「焼ける~」というよりは「焦げるよー!!」という

くらい日差しがバイオレンス。お店の外にある、オリーブの木に寄せ植えされているアイビーも

葉焼けして仮死寸前。半死半生。春にはあんなにもりもり、夢がMORIMORIだったのに。

 我が家のコンパニオン・ドッグ、ろくろうも湿疹でカイカイしてたので久々病院行ったら

緊張からか嘔吐!心配したけど今は元気です。ご飯ももりもり森脇健児でひと安心です。

我が家は午前中はナショナル製の扇風機だけで乗り切ります。クーラーは27度に設定。

猛暑で冷房効きすぎておでんが売れる、なんてどうかと思います、ゼ。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-22 17:42 | | Comments(0)
2010年 08月 20日

ポケットコーヒー

f0231406_16545399.jpg

ちょっとした手土産にも好評なポケットコーヒー。
砂糖を一緒にすることもできます。

2杯分が1パックで200円より。(プラス砂糖が一個十円)

作り置きはしておりませんので、
事前にご注文お願いいたします。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-20 17:33 | コーヒーチョットいい話 | Comments(0)
2010年 08月 19日

カップオブエクセレンス2009ブラジル

カップオブエクセレンス2009ブラジルのセハー・ド・ボニ農園、登場です。

セハー・ド・ボニ農園はミナスジェライス州のアラポンガ山を望む地域にあります。
農園主のサングラード氏は環境保護に熱心で、保護された環境の中で作られたコーヒーを飲むと
自分たちの健康も維持されると信じ、オーガニックコーヒーの栽培を決意しました。
オーガニックコーヒーの規格に基づき栽培・精製した結果、カップオブエクセレンスに入賞し、
この土地がスペシャルティコーヒーを作りだす可能性を持っていたことを証明しました。
カップオブエクセレンスの国内ノミネート経験もあり、サングラード氏は高品質の 
オーガニックコーヒーを栽培できることを誇りに思っています。

まろやかなナッツやアーモンドのフレーバーが際立ち、
フルーティーな香りの余韻がながくたのしめます。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-19 16:12 | カップオブエクセレンス | Comments(0)
2010年 08月 17日

ぼたもち

f0231406_17302134.jpg

昨日、風呂からあがるとわたくし専用の座ぶとんにぼたもちが寝ておりました。
ぼたもちがどかないので、側で体育座りをしてじっと見ていました。
f0231406_17345816.jpg
がくんっ

ぼたもちはお盆に海へ投げ込まれたり、花火を突きつけられたりして疲れがたまっているようです。
ゆっくり眠れや。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-17 17:48 | | Comments(0)
2010年 08月 13日

夏休みのおしらせ

おしらせするのが遅くなりましたが、

8月14、15日はお休みさせていただきます。

なお13日は豆が売り切れ次第、終了となります。
ご予約を是非よろしくお願いいたします。

f0231406_16394123.jpg
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-13 16:41 | おしらせ | Comments(0)
2010年 08月 11日

寝言

昨夜未明のことです。相方は悲痛な叫び声で驚いて起きたそうです。恐る恐る私の方を見ると…

水木しげるの漫画の死体のような顔をしていたそうです。

今朝、そのことを告げられ自分の叫び声で目が覚めたのは憶えていましたが、何の夢をみていたかが

思いだせません。怖い夢だったのでしょう。ただ、過去にも自分の寝言の声の大きさで起きること

はありました。「ぅおおおおおおーーーー!」と、吉田栄作ばりに長い叫びで起きたこともあり

ました。その時は腹の底から声を出したようで、妙にスッキリとしておりました。

また、私自身はぜんぜん「記憶にございません」が、うたを披露したこともあるみたいです。

「グッド・バイ・マイ・ラブ」をうたっていたらしいのです。ちょうどその頃私達の間で流行って

いて毎日レコードを聴いていたので、ハミングしちゃったのでしょう。

しかしこの曲はホントいいです寝。作詞はなかにし礼です、確か。アン・ルイスの可愛さが極上で

たまりませんよネ、ホント。


[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-11 16:41 | 四方山話 | Comments(2)
2010年 08月 08日

ヒット御礼・iwaki PYREXの水出しコーヒーサーバー再入荷

おまたせいたしました。
長らく欠品しておりましたiwaki PYREXの水出しコーヒーサーバー。
本日、再入荷いたしました。

店頭で抽出を実演して試飲していただき、おかげさまで前回の入荷分
またたく間に完売。

よわきの発注をくやみつつ、試飲だけは続けておりました。

今回は一転、強気の発注で、数に余裕はありますが、
すでに、半数ほど予約を承っております。

f0231406_12121692.jpg


熊本の暑い熱い夏に、おススメです。
まずは試飲をどうぞ!
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-08 12:18 | コーヒー道具 | Comments(0)
2010年 08月 07日

スタンド・バイ・ミー

 夏休みの映画といえば何を思い浮かべるでしょうか。最近は「地上波初登場!」ばかりで

テレビで昔の名作を観る、ということもめっきり減りました。

そんななか私共の間では決まって「夏休みといえばスタンド・バイ・ミーやろ!即ち、コリー・

フェルドマンやろがな」「そやそや、民放に言ったれ!」といったような会話が交わされます。

店主は随分前から「夏になったらスタンド・バイ・ミーについてブログで書きたいであります。」と

言っていましたので、「どんだけフェルドマン好っきゃねん」と私も楽しみにしていました。がっ…

 スタンド・バイ・ミーという映画は多くの人にとっても忘れられない映画であり、思い入れの強い

映画であると思います。それは「夏」ということと「少年期」が後の長ーい人生に大きく影響する

からだとおもいます。懐古や郷愁といったものでなく「あの頃」とは自分という存在を認識し

苦悩した経験であり、今でもあるのです。

印象的なシーンがあります。R・フェニックスが主人公に泣きながら告白するシーン。

学校のお金を盗んだと教師から疑われ、翌日学校へ行くとサイモン先生(その教師)が新しい

スカートをはいていたんだ、と。でも不良の自分の言う事など誰も信じない、と。

我らがコリー・フェルドマンも父親を英雄だと信じ切っており、虐待の傷のことなどを人にふれられ

ると逆上します。大人に対してNO!とまだ言えない、愛情を欲する少年たちの切なさが見事に

えがかれています。

そして、♪ふぇんざないっ 音楽です。観た時小学生だったので「がいこくの音楽いいなー」と

初めて思ったのをおぼえています。

 このような映画をこれからも多くの子供が観てくれたら、コリー・フェルドマンの魅力に気づいて

もらえたなら。リメンバー、コリー・フェルドマンなら良いなぁとおもいます。

f0231406_18342370.jpg


店主曰く、ジャニス・ジョプリンや関根勤と同じ顔の系統だ、との事。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-07 18:47 | 映画 | Comments(0)


    



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧