コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

一周年

おかげさまで、明日11月1日で当店も一周年を迎えることになりました。
本当にありがとうございます。

皆様に支えられ(心配され?)ながら、どうにか一年たちました。

日ごろの感謝を込めて
ささやかながら

f0231406_1759167.jpg


コーヒー器具のセールと

f0231406_180851.jpg


コーヒー豆をお買い上げのお客様に
ポケットコーヒー1杯分をプレゼント。

※器具セールとポケットコーヒープレゼントは7日(日曜日)までです。

あと、一周年を記念して、
“世界で一番おいしいコーヒー”とも称される、
パナマ・エスメラルダ農園のゲイシャ種も超数量限定で販売します!

これからも“コーヒーのモトヤマ”をよろしくお願いいたします。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-31 18:20 | おしらせ | Comments(0)
2010年 10月 28日

D.I.Y

 駐車場に下げていたラミネートしただけの看板が雨などで劣化し、看板の意味を為さなくなって

から数カ月…。新しいものをこさえなきゃ、と思っていながらも延ばし延ばしのこの人生。

ショップリーダーシップにのっとり、やっとホームセンターへ駆け込みました。

激ヤセ疑惑のある当店主のアイディアで、車止めと目印がわりにブロックをペンキで塗ろうという

ことになりました。色は異論もなく、オレンジに決定。

オレンジ、橙色は茶色とともにコーヒー屋さんでつかわれる色ですが、個人的にも大変好きな色

です。私は古着や古道具が大好きなのですが、昭和レトロ・モダンデザインはこのオレンジのもの

がたくさんあります。オレンジ×みどりとかオレンジ×黒とか、そのような配色を見ると興奮して

きます。また、古いものは現行品のソレと違い発色が素晴らしいです。真似ようにも真似できませぬ

♪安っぽいメッキならすぐにはがれてしまう、空っぽの言葉ならもう僕は聞き飽きた!と、

ヒロトもうたっていますしね…。

 と、話がズレてきましたが駐車場の看板の話です。看板は、お世話になってる大工さんに頼んで

壁面の余りをいただき、ペンキで店名を書きました。ペンキは少量でいいので、100均のものを

購入。フリーハンド、一発本番真剣勝負で書きあげました。思ったよりミスらなかったので、

調子にのってコーヒー豆なんか描いちゃいました。

店の外で書いていたら、大家さんから「看板屋さんのごたるねぇ」と言われました。

褒められれば伸びる子です。次も、ドゥー・イッツ・ユアセルフ !! SANKO~
f0231406_16533915.jpg
カタカナがややしりあがり寿になりました。
f0231406_16542796.jpg
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-28 16:59 | 店のこと | Comments(0)
2010年 10月 21日

ろくろう近況

 我が家の愛されドッグ・ろくろうは、人間と同じ布団で寝ているのですが、足もと付近に

陣取るので非常にじゃまです。蹴り落とされても頭から突っ込んで意地でも布団の中に入って

きます。

昨夜、あまりにじゃまだったのか、店主がろくろうの尻を2,3発ペチペチ叩いているのを

目撃してしまいました。寝ぼけておぼえていないと言っていましたが。
f0231406_17182075.jpg
午前中は日当たりのいい窓辺で日光浴。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-21 17:22 | | Comments(0)
2010年 10月 19日

エチオピア モカ・イルガチェフェ登場

f0231406_16125352.jpg


紹介遅くなりましたが、モカ・イルガチェフェ入荷しました。

イルガチェフェは、エチオピア南部標高2,000m近辺にてシェード・ツリーの下で
有機栽培されているガーデンコーヒーです。

紅茶にも似た特徴的なフレーバーとフル・ボディーのカップは、肥沃な黒土と、
コーヒーに適した気象条件の恩恵である、といえるでしょう。
川と森に囲まれた美しい村のシンボルAbayak湖を望む自然のなかで、丁寧に
作り上げられるイルガチェフェをFLO JAS ORGANICとしてお届けします。

 豆を挽いたときの香り高さにハッとさせられます。柑橘系のとってもいい香り。
飲むと、意外とクリアでスッキリとしています。
「モカはあんまり…」とおっしゃるお客様に試飲してもらうと「うん、美味しい!」
と気に入っていただきました。

夕暮れ時、少し冷たい風に乗ってかおる金木犀のような
そんな余韻を残す香り高いコーヒーです。

                  text by ショップリーダー
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-19 17:36 | 定番コーヒー | Comments(0)
2010年 10月 17日

ぽてち止まらない。

 昨日は福岡から、今泉生まれHIPHOP育ちの友人が遊びに来てくれました。

おみやげにポテトハウスのぽてちをもらいました。(おみやいただきましたぁ!)

店主と「やったぁ!ぽてちGetだぜ!!」と喜び合いました。

業務用ぽてちはなんでこんなにおいしいのかホトトギス… 「これで最後だゼ!」とお互いを

抑制しつつ、あぁ止まらない、もうあなたにドラマはじまってる JINJINJIN… でした。

 中煎りのコーヒーとも一緒に食しましたが、意外に合うのですね。

ありがとう(ハート)。
f0231406_1821455.jpg

[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-17 18:05 | 四方山話 | Comments(2)
2010年 10月 12日

曼珠沙華

f0231406_17332084.jpg

彼岸花をいただきました。可愛い黄色の彼岸花と店主が着てる赤ギンガムのシャーツがポップで

キュートでヒューヒューだよ!でした。

彼岸花、日本では忌み嫌われがちですが独特の赤色と放射状の花の形がいいですよね。

 先日、夕方道端で老婆が片手に彼岸花を持ち、歯を磨いておりました。片手にピストル~と、

ジュリーの曲がなんとなく思い浮かんだのですが、とにかくギョッとしました。

彼岸花もギョッとする、なんだかなまめかしい存在感があります。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-12 18:03 | 植物 | Comments(0)
2010年 10月 10日

岡田あーみん

f0231406_17292121.jpg

幼少時、私もやはり「りぼん」を毎月購読していました。

りぼんwithポテトチップスが娯楽の少ない田舎のサブカル少女にとって、至福の一時でありました。

そんな少女コミック雑誌の王道、集英社の「りぼん」に子供ながらおやっ?と思う漫画が。

「こいつら100%伝説」という漫画です。今は知りませんが、少年コミック雑誌に「きまぐれオレ

ンジ・ロード」や「BOYS BEE…」といった小エロ学園恋愛モノが一つ織り込まれている

よう、少女コミック雑誌にも痛快ギャグ漫画というのが一つ、備わっていました。

しかし、この漫画は強烈すぎて今でも忘れられないという同年代の可哀そうなレディ達がたくさん

います。だいたい「りぼん」で主人公の名前が「極丸」や「危脳丸」って。

可哀そうなレディの一人である私も、岡田あーみん作品をりぼんマスコットコミックスで買って

再読しましたが、声を出して笑いました。漫画読んで声を出して笑う事ってありますか?

いやはや、岡田あーみんはやっぱりすごいです。

今でも茶碗にご飯をつぐとき「ハイッ!天湖森夜!」と言いますもの。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-10 17:39 | | Comments(4)
2010年 10月 07日

ゴロワーズを吸ったことがあるかい?

「ゴロワーズを吸ったことがあるかい?」
と問われれば、

「いいえ、ありません。」
と答えますが、

「“ゴロワーズを吸ったことがあるかい?”を聴いたことがあるかい?」
と問われれば、

「はい、あります。」
と答えます。

当店で深煎り好きのお客様に好評いただいている
“フレンチブレンド サンジェルマン・デ・プレ”

「こんな玉名みたいな田舎で気取った名前ば付けてから~!」と
お思いのお客様もいらっしゃるでしょう。
僕もややそう思います。

または「フレンチだけんサンジェルマン?そのままじゃん?」と
お思いのお客様もいらっしゃるでしょう。
僕もややそう思います。

そんな時には、
「パリのサンジェルマン通りの有名な文学カフェで飲んだコーヒーが忘れられなくて・・・」
等といかにもな説明をするのです。

確かにフランスで飲んだコーヒーはどこもおいしく、パリに至っては
ホントに数メートル置き位に見事にカフェだらけ、
且つ、テラスの狭いテーブルに人だらけで、文化の違いをまざまざと見せつけられた感じでした。

ウチのコーヒーも玉名の人々の生活に根付くようにという想いもありますが、

やはりこれ。




一口吸えばパリにひとっとび
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-07 18:51 | オリジナルブレンド | Comments(0)
2010年 10月 04日

ひとりぼっちのフリマ

 早いものでもう10月。今日は104(トシの日)ですね。今考えました。

トシと言えばやはり田原俊彦(exたのきんトリオ)です。ジャニーズ伝説によると、昔トシちゃんは

冷蔵庫の中の自分の飲み物に「104」と書いていたらしいです。

 さて、昨日は一人でフリマに出店しましたが、雨で散々でした。店主からはまだ若葉マークも

とれていないし(一人で運転したこともないのに)不慣れな土地で、「無骨すぎるやろ。」と

笑われましたが、出店無料だったので当たって砕けろと思い行きました。

雨はいけませんね。ほとんどの人が途中で帰ってて、残ったのはテントをお持ちの業者やセミプロ

のような方々ばかり。お隣の方が親切でホントに助かりました。

でも、これに懲りて着ない服を処分する決心がつきました。いつもみんな手にとって見るのに買って

もらえないVANSのスニーカー… これだけでも売りたかったんですけど。

誰かから有難いお言葉をいただいてました。“自分が要らないものは他人も要らない”

 疲れて家に帰り、ろくろうに足を舐められながら飲んだコーヒーがやたらおいしくて

心にしみました。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-10-04 17:39 | 衣食住 | Comments(2)


    



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧