コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 24日

COE2011エル・サルバドル ミラルバジェ農園エル・サポテ

エル・サルバドルのカップオブエクセレンス2011入賞の
ミラルバジェ農園エル・サポテのご紹介です。

ミラルバジェ農園はグァテマラ国境近くのアウアチャパン県に位置しており、
1870年代から5代にわたり経営しています。

この農園の「エル・サポテ」は過去3度カップ・オブ・エクセレンスのファイナリストに入賞しており、
長年継続して良質のコーヒーを生産している事が判ります。
その理由の1つは恵まれた土壌にあります。火山灰土壌であることに加え、
間欠泉から得られるカリウムなどの豊富な有機栄養源が確保できるため、
チェリーが元気に活き活きと育つのです。

2002年以前は樹齢70年の老樹ばかりが植えられていましたが、
改革の為一念発起しパカマラ種を植え始めたことで、
ハイクオリティコーヒー生産者として名を連ねることとなったのです。

2011年のエル・サルバドルは、
カップオブエクセレンスでは42ロットもの入賞があり、
ワールド・バリスタチャンピオンシップでもはじめて生産国の代表として
Alejandro Mendezさんがチャンピオンに輝き、
エル・サルバドルコーヒーにとってとても良い年だったのではないでしょうか?

このミラルバジェ農園エル・サポテは、
エル・サルバドル固有のとても大粒なパカマラ種で、
華やかで複雑な酸味と甘さが特徴的です。
f0231406_18425987.gif

[PR]

by motoyama-coffee | 2012-02-24 18:43 | カップオブエクセレンス | Comments(0)
2012年 02月 20日

そんな日曜日

 昨日の日曜日は、日中一人で店番をしておりました。
初期ストーンズを順番に聴きながら雑務をしていたら、コーフンしてきて
ソワソワしてきました。 うぐぐぐぐ

そんなゆっくりした日曜日。
あるお客様から、「この店が、珈琲豆専門店が、出来て嬉しい。毎回どれにしようかと
選ぶのを楽しみにしている。」ということを控えめにボソボソボソと言われ、
じわじわじわと嬉しさがこみあげてきました。

なかなか理解してもらえなかったり、
伝えれなかったりでジレンマもありましたが、
あらためて、店主がこの玉名で喫茶店、カフェーでなく
珈琲豆屋をする意味を実感したのでした。
少しずつ、まっすぐ、やっていけばそれは伝わり、
お客様自身がつくっていくのだということ。
それはなんてハッピーなんだろう!
イエー 

 そんな日曜日でした。

f0231406_1758455.jpg

いただきものの生姜でジンジャークッキーつくりました。おやつジャー!
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-02-20 18:20 | 四方山話 | Comments(2)
2012年 02月 18日

♨湯けむり朝市出店します

 明日、日曜日は湯けむり朝市出店します。

寒くなりそうですが… 早起きの際はお越し下さいませ。
なお、お店は通常通り営業しております。

f0231406_17204493.jpg
あしたは、ぶる山ぶる子店長。
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-02-18 17:25 | おしらせ | Comments(0)
2012年 02月 13日

トマトといちご

f0231406_18202669.jpg

メタボに効果あり!ということで、
にわかに注目を集めているトマトですが、
玉名市横島町はトマトといちごの一大生産地として有名です。

お客様から割れてしまって出荷できないトマトを
いつもいただくのですが、しっかりした甘みでとっても美味しいです!

今月26日には「第35回玉名市横島町いちごマラソン大会」が
開催されます。

こちらもメタボに効果あり!ですね。
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-02-13 18:36 | 玉名 | Comments(0)
2012年 02月 10日

犬と猫と人間と

 観たいけれど、観れなくて、延ばし延ばしにしていた映画。
酷すぎる現状を直視することから逃げてたのかもしれません。

しかし、観終わった後”苦しさ”に勝る”希望”を与えてくれたので、
ここに書きます。
犬や猫たちに言いたい。
 「私たちがかわれるか、みとってくれやー」

 ペットビジネスの過熱、無責任な飼い主等、により日本は犬猫の殺処分大国です。
その事実を知らないこと、無関心も罪だと思うほど現状は最悪です。
礼節だ思いやりだ「ヤマト」をつけて私たち日本人の「失われつつある心」を取り上げ、
うっとり悦に入るのも結構ですが、それと同等に私たち日本人の愚かさ、恥にも
目を向け認めるべきです。

テレビでは人気犬種の子犬や芸能人のセレブ犬など
ブームを煽るだけ煽って、こういった裏の社会問題は
ついでのような扱いで報道されます。
そういった一方的なメディアの情報に煽動される軽佻な国民性を如実に
あらわしてるのが、映画中も出てくる「崖っぷち犬」の話です。
テレビで有名になった野良犬には全国から飼い主が殺到。
しかし、その犬が収容されている保健所には多数の犬たちが”殺処分待ち”
なのです。その犬たちを飼いたいと希望する人はいなかった、と。
 犬にくらべ、猫などは子猫の段階ですし詰めでガス室に入れられます。
去勢、不妊手術に否定的なひともいますが、もっと現実を知って欲しい。
ノラ猫問題、多頭飼育など根深い問題が山積みなのです。
 
 新聞やテレビはよく”おなじいのち”なんてつかいますが、
私は”いのち”てそんなことわざわざ言いたくない。
命云々とかその前に、手離す犬や猫の目を見たことあんのかい?と
言いたい。あの目をみてない、カッサカサの心の人間に、
「大切ないのちなのです」って言ってわかるのでしょうか?

  冒頭で、映画を依頼したおばあさんに「なぜ、猫が好きなのか?」と質問すると
 少し間をおいて、答えます。

  「…人間よりはマシだから」

 
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-02-10 16:46 | | Comments(0)
2012年 02月 06日

PLAY BOY

 読む本が切れたりすると、昔の雑誌を引っ張り出し読み返します。
なので、雑誌も本も捨てられない性分です。
映画や本の記事など当時は関心のなかったものでも、今読むと興味あるもので
新たな発見があったりします。

最近は相方の月刊プレイボーイ(日本版)を読み耽っております。
ビートルズ、ボブ・ディラン特集のが数冊あるだけなのですが、
プレイボーイって、読み物・連載が激アツなんですね。
とても”読める雑誌”なんです。

もちろんお約束のポルノページも充実。(勿論ポルノは洋モノ)
全然笑えないアメリカン・ジョーク集や米国人のお悩み相談などはさみつつ
森達也、佐野眞一から、田崎真也、小泉武夫などの食エッセイもあり、
渡辺淳一は飛ばしますが、非常に面白いのです。

現在、月刊プレイボーイは休刊中。
私が読んでるものは6,7年前のものなので、ほとんどの連載が書籍化されています。
読みたい本も増え、心が満たされております…Thank you, PLAY BOY!

ちなみに、こたつでポルノページを開いたまま寝ていたそうです。
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-02-06 16:39 | 四方山話 | Comments(0)


    



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧