コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

窯開きへ行ってきた

 昨日は午前中お店を閉め、店主は早朝から焙煎。
私、ショップリーダーはモトヤマ春の洗濯まつりを済ませてから
小代焼 瑞穂窯の窯開きへ行ってきました。

メルクシティの友人夫妻もちょうどやって来て、
瑞穂窯さんのふるまいでご飯とぶた汁も頂くことに。
ああ、楽しや。
食事の器はもちろん瑞穂窯のものなので、使いながら
「あっこれも欲しい」「こうやって使うのもいいざんす」なんて
思いながら、美味しく頂きました。

福田さんは気さくで、すてきな女性。
とてもいいお話しも聞けました。
器はもちろんなのですが、その辺に置いてあるカゴや椅子、
手水場など普通に使っているものもステキングで、ハッとします。
 
f0231406_16425366.jpg




小型犬には負けない、福田さんちの特大猫「まめ」さん。








友人夫妻がお店にも寄ってくれて、
夫妻の愛娘・あかねさんを中心にわきゃわきゃ楽しかったです。
また遊びに来ておくれよ、あかねさん。
一緒に咆哮あげようぜ。
f0231406_1631181.jpg
テレビは国営放送、のあかねさん。
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-04-30 16:41 | 四方山話 | Comments(0)
2012年 04月 26日

コーヒー教室vol.1無事に終了しました。

先日の日曜日に当店初のコーヒー教室を開催しました。

一応、ワタクシこう見えましてもJCQAコーヒーインストラクター2級という
由緒ある資格を保有しているのですが、
インストラクターというとなにかエアロビとかのコーチっぽいのを
思い浮かべがちですが、まぁコーヒーについての基本的な知識はキッチリ押さえてますよ。
くらいの資格です。
これを持ってないとコーヒーについて人に教える資格はないとかいうことではございません。

というわけで、コーヒー教室。
といっても、正しいコーヒーの淹れ方とか、
最も美味しい淹れ方みたいな感じではなく、愉しみ方といいますか。
抽出の仕組みやちょっとしたヒントだったり、
今回はペーパードリップでしたが、
いま自宅で使っている器具にも応用できるような感じでやってみました。

せっかく遠い国々で手間ひまかけて育てられてコーヒー豆として
こんな九州の片田舎までやってきたのですから、
できるだけ美味しくいただこうと言う感じです。

店内で開催したので、やや窮屈だったかもしれませんが
ほとんどマンツーマン状態でしたので、
解りにくい部分もあったかもしれませんが、
よりお客様に合った説明ができたように思います。
なによりお客様との距離が近くなったような気がします!


f0231406_1904852.jpgf0231406_19172.jpg


コーヒーの良いところは自由があるところだと思ってます。
好みはそれぞれ、愉しみ方も人それぞれ。
それぞれの生活にそれぞれのコーヒーを!

また次回はアイスコーヒーをテーマに企画中ですので、
おたのしみに!!
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-04-26 19:22 | コーヒー教室 | Comments(0)
2012年 04月 20日

COE2011ニカラグア・ラ・エスパニョーラ

f0231406_18245383.gif

エスパニョーラ農園はホンジュラスとの国境に接する北部ヌエバ・セゴビア県サン・フェルナンドに位置し、
バクやケツァールといった野生動植物と共生しながらコーヒー栽培を行っています。

農園主のレネ氏は2003年からコーヒー栽培を始めました。
当初は8ヘクタールの土地で栽培し、カトゥーラとパカマラで年間数十袋生産出来るだけでした。
今では約28ヘクタールにまで栽培面積を拡大し、
残りの約220ヘクタールある土地は自然をそのまま残しています。

この地域の気候や土壌は、コーヒーを始めとする様々な植物が生長するのに適した環境が整っています。
自然との調和を第一に考えながら営んできて9年目、一代で築いたカップ・オブ・エクセレンス入賞は彼にとって最高の栄誉となりました。


ジューシーなシトラス系の印象の酸味。
冷めて来るとマンゴーやメロンのような丸い甘さも感じます。
複雑だけどスッキリと優しい印象のコーヒーです。

農園名:ラ・エスパニョーラ農園           (La Española)
農園主:レネ・マルティン・パグアガ・ブイトラゴ ( Rene Martin Paguaga Buitrago)
地域・市:サン・フェルナンド、ヌエバ・セゴビア (San Fernando , Nueva Segovia)
標高:1,600m
品種:パカマラ
順位:15位
スコア:85.87
精製方法:ウォッシュド&サンドライ
コメント:AROMA/FLAVOR - orange, hazelnuts, red fruits, floral, sweet, honey,
         mango,  stone fruits, buttery dry white wine, melon, vanilla
         ACIDITY - complex, grapefruit, cherry mandarin
         OTHER - lasting finish, complexity throughout, juicy, balanced
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-04-20 18:52 | カップオブエクセレンス | Comments(0)
2012年 04月 18日

朝の風景

f0231406_18134494.jpg


散歩のあと、爪切ってもろうたわ。

最近は草(イネ科)の中心部に用を足してしまうので、
飼い主が「取りにくいやないかい」と文句たれよった。

メンゴメンゴ。
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-04-18 18:46 | | Comments(0)
2012年 04月 12日

瑞穂窯 福田るい展

f0231406_17155814.jpg


 小代焼瑞穂窯、福田るいさんの器展が大阪・天神橋のdieciさんで
4/14~4/22開催されます。

期間中、福田さんオススメの「熊本もん」のカフェ・メニューが登場し、
な・なんと当店のコーヒー”シティブレンド 小岱山のあおあらし”も
つかってもらうことになりました。 

 みなさんに喜んでもらえれば、とおもっています。
 お楽しみに!

詳しくは→dieci
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-04-12 18:00 | おしらせ | Comments(3)
2012年 04月 08日

ビン詰めかわいや

f0231406_14374985.jpg


 ビンにもいろいろあるけど、やはりWECKのビンはかわいい。
イチゴのマークにうす緑色のガラス。形・サイズが豊富なのもいい。

詰めるものがなくても、詰める理由をつくって密閉したい。
私は保存食を作りたいからビンを買うのか、
それともビンを買いたいから無理して保存食を作るのか。
   Dotch !?
Dotchにしても、様々な食材が密閉された保存瓶には
気持ちが癒され、満たされます。

 WECKのビンはドイツで100年以上の歴史を持ち、
ガラスはリサイクルガラスが使用されています。
この本には、WECKのビンごと調理できるタルトやケーキの
レシピも載っています。
豚と高菜のおこわ、塩ゆで枝豆、たらこオイル…
けっこういろんなレシピがありますので、おすすめです。

   ※タイトルは東海林さだお氏のエッセイより
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-04-08 15:38 | | Comments(0)
2012年 04月 01日

蛇ヶ谷公園へ

f0231406_1646229.jpg


今朝、蛇ヶ谷公園の桜を見に行きました。
まだ満開ではないので、来週いっぱいくらいまで見頃かと。
 
蛇ヶ谷公園には全長130mのローラースライダーがあります。
未だ挑戦したことはありませんが、肉厚で強い摩擦に耐えられるズボンを
着用していつか滑り落ちたいと思っています。

 玉名に来られた際は、蛇ヶ谷公園オススメです。

f0231406_17230100.jpg
アスレチック、渡れない。
 
[PR]

by motoyama-coffee | 2012-04-01 17:05 | 玉名 | Comments(0)


    



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧