コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 27日

FLAT HOUSE LIFE vol.2

 楽しみにしていた第2弾、今回もかなり満足な内容でした。

で!特筆すべきはやはり著者の文章の上手さだと私は思うのです。
著者の本業はイラストレーターなのですが、その批評や観察は的確で切れ味バツグン。
世のへっぽこライターなどは立場が無い、といった感じです。
例えば、地方ののどかな風情を“「何もない田舎」と評するか、「いい環境」と評するかで
あなたの精神的イナカッぺ度がわかります”と、ズバリ言っちゃいます。
そして、日本のマイホーム主義を“外聞を過剰に気にする物質崇拝主義の日本人の性癖を
巧みに利用した産業界からの脅迫文と解釈していい”と、ぶった斬る(笑)。

この本に載っているFLAT HOUSER,平屋の住人は間違いなく「暮らすこと」を
楽しんでいます。限られた、可能な範囲での自分たちの暮らしを満喫しています。
ハコの所有に固執するも、肝心の中味を忘れがちな本末転倒な価値観に、著者は
警鐘の意もこめて平屋の魅力をつたえています。

 私も平屋の住人だから言えるのですが、確かに冬は地獄の寒さ(殺す気か!と思います。)、
夏は草たちの襲来に苦戦、虫は友達、と不都合・不便はたくさんあります。
でも不完全なものだからこそ、工夫し補っていく楽しさがあります。
なにより、日本の古道具が好きで小ぶりな夫婦と激しい小型犬一匹には、新しいけれど小狭な
アパート、マンション類よりは最適で分相応な「ハコ」なのです。
古い雑貨やアンティークを好む人達は多く、そういった蚤の市などは過熱した勢いがありますが、
いざ家となると、MAJIで古いのは汚いしめんどうといったのが、本音かともおもいます。
だから、身近なとこから平屋の良さを伝えていけたら、といちFLAT HOUSERとして思ったり。
f0231406_17153487.jpg

[PR]

by motoyama-coffee | 2013-01-27 17:23 | | Comments(0)
2013年 01月 24日

バレンタインディブレンド2013

バレンタインディブレンドさりげなく発売中です。
今年は結構しっかりとした深煎りのブレンドにしました。
あくまでチョコレートをひきたてるよう、主張しすぎない感じです。
苦みもそれほど強くないので、深煎りが苦手のかたにもおすすめです。

2・14までの限定販売です。
よろしくお願いします。
[PR]

by motoyama-coffee | 2013-01-24 18:17 | 季節のブレンド | Comments(0)
2013年 01月 22日

ハクメイとミコチ

f0231406_1872788.jpg

玉名出身の漫画家、樫木祐人さんのデビュー作が発売され、サイン入りの本をいただきました!

森のこびと達と動物の日常の物語なのですが、注目なのが食べ物の描写。
美味しそうなのはもちろんですが、食材や料理がなんかおしゃれです。
玉名にちなんだネーミングには(ジャガ谷、マキナタなど)クスリとさせられます。

本屋さんでみかけたら、是非ご覧になって下さい。

f0231406_1833072.jpg

[PR]

by motoyama-coffee | 2013-01-22 18:51 | | Comments(0)
2013年 01月 12日

ある疑惑

私にはかねがね心配していることがありました。
それはうちで飼っている雄犬‥そう、ろくろうの事なんであります。

ろくろうは私が夕方帰宅すると、寝床から飛び降り着地するダッ!という音と、
襖を前足でドダダダダッとかき鳴らす音と同時に頭から私に突進、喜びの垂直飛びを
数回という激しい歓迎を毎日してくれています。
 そのようなろくろうがごくたまに、帰宅しても無音、襖を開け部屋に入ると
耳を後ろに下げ、泣きそうな面持ちで後ろ足を不自然にひょこひょこする、
コネティカットのひょこひょこおじさん状態だったことが過去に数回ありました。
当初は心配しましたが、散歩には行きたがるしご飯も食べ、暫くするとケロッと
通常のろくろうに戻るので、最近では仮病だ詐病だと言って笑っていました。

でもあの状態は何なんだろう、何が原因なのだろう腑に落ちない、と
店主に申し上げますと「足が痺れてるんじゃ?」というご名答。
ナルホド、ひょこひょこの時は帰りが遅くなった日や、極寒の日が多い…。
あの犬はその間眠り続け、同じ体勢で寝ていて、足が痺れているのでしょうか。
そういえば、ベッドから降りれずひょこひょこしていたときもあったような…。
というか、犬も足しびれるのかしら。

 はっきりした事は分かりませんが、今年も健康で元気でいてくれれば何より、です。
f0231406_17582954.jpg
直近のひょこひょこ状態証拠写真。

 
[PR]

by motoyama-coffee | 2013-01-12 18:04 | | Comments(0)
2013年 01月 10日

COE2012ホンジュラス マルティレス農園

f0231406_1648515.gif





マルティレス農園は1993年に現農園主のマルティル氏が
父からわずか0.7haの土地を譲り受けたことから始まりました。
そこからマルティル氏自らが徐々に土地を買い続け、
今ではPacas(パカス),Lempira(レンピラ)の2つの品種を栽培する
4.9haの土地を所有するまでになりました。

マルティレス農園ではオーナーであるマルティル氏の他に家族2人と3人の正社員、
収穫をする20人の臨時従業員が働いています。
家族での役割としては、マルティル氏がウエットミルの精選処理工程を行い、
他の2人が乾燥工程を行っています。

また当農園は自然資源保全にも積極的で、コーヒーによる廃水は浄化槽に堆積し、
果肉は農園内で分解し、それらを有機肥料として使用するなど、
環境に配慮した取り組みも行っています。

今年で3年連続カップ・オブ・エクセレンスを受賞しているマルティル氏は、
受賞の秘訣を「徹底した選別、果肉除去、乾燥前の工程」と語り、
カップ・オブ・エクセレンス受賞者の常連としてコーヒー栽培に強い自負心を持っています。


チョコレートやバターのような甘いフレーバー、
後味はチェリーやぶどう、プルーンのような甘さを伴う酸味。
品種がパカスとレンピラ。パカスはマラゴジッぺと交配されて
最近人気の高いパカマラの元(?)となった品種です。
レンピラは始めて聞く名前だったので、ちょっと調べてみると
ホンジュラスの通貨単位と同じ名前のようで、もしかするとホンジュラス特有、
もしくは掛け合わせられた品種ではないかと・・
コーヒーの世界はまだまだ知らないことが多くて面白いですネ。
[PR]

by motoyama-coffee | 2013-01-10 17:18 | カップオブエクセレンス | Comments(0)
2013年 01月 07日

ケニア キアムワンギファクトリー

f0231406_1624549.png
おしらせが遅くなりましたが、年末より、ケニアの銘柄が変わりました。

ケニアは近年とくに注目を集める産地です。
キリニャガのキアンガイファクトリーから
ニエリのキアムワンギファクトリーになりました。
キアンガイ同様、浅めの中煎りにしています。
比較的華やかで甘く柔らかい酸味なので飲みやすいと思います。


生産されるコーヒーの品質が世界で最も優れている国のひとつという評価を得ているケニア。
キアムワンギ・コーヒー・ファクトリーはケニア山山麓のニエリ地区にある、
「イリアイニ農協」のコーヒー処理場です。
この地方では高品質のコーヒーを生産する精選工場として有名で、高い標高で栽培され、
人の手により一つ一つ丁寧に収穫されたコーヒーチェリーはこの工場で、
パルピング・水洗処理・乾燥されています。

養分の豊富な赤い火山灰土、伝統的な在来種、高い水洗処理技術、
アフリカンベッドを使って天日によりゆっくりと乾燥された、
選り抜きのコーヒーは香りが豊かで深い味わいとなります。



精選所:キアムワンギ・コーヒー・ファクトリー
エリア:ニエリ
プロセス:ウォッシュド
品種:SL28、SL34(在来種)など
標高:1733m

[PR]

by motoyama-coffee | 2013-01-07 16:47 | 定番コーヒー | Comments(0)
2013年 01月 06日

2013

f0231406_20314978.jpg
ことしもよろしくお願いします。


1月は休まず営業いたします。
[PR]

by motoyama-coffee | 2013-01-06 20:35 | 店のこと | Comments(0)


    



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧