コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 22日

休日の過ごし方

 最近、休日の過ごし方が中高年に近づいてきたように感じます。
そろそろフッワフワの靴が欲しくなっちゃうかもネ、なんて思ってます。

昨日の休みは、小代焼き瑞穂窯の窯開きと山鹿市日輪寺のつつじ祭りへ。
とてもいい天気で、新緑が美しくていい気持ちでした。

瑞穂窯の窯開きでは、柴犬きよさんと福田さんの愛猫まめさんにまた会えました。
彼らの水飲みも小代焼き。めっちゃええやん、めっちゃええやんとひとりごちる。
f0231406_18221457.jpg

f0231406_1824393.jpg


日輪寺のつつじは残念ながらあまり咲いていなかったので、ちょいといい運動しに行った感が
ありますが、なで仏の「おびんずるさま」が見れたのでよかったです。
f0231406_18303086.jpg
富の象徴、巨大仏。

山鹿は木造温泉の「さくら湯」も行ってみたいので、また遊びに行きたいです。
[PR]

by motoyama-coffee | 2013-04-22 18:42 | 四方山話 | Comments(0)
2013年 04月 21日

Information

f0231406_2065375.jpg








    

   
   4月の店休日

   21日(日)



店頭ではお知らせしていましたが、4月より日曜日の営業時間を
12時開店、18時閉店といたします。
加えて4月より、今までご利用頂いていた駐車場が使用できなくなりました。
しばらくご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
[PR]

by motoyama-coffee | 2013-04-21 20:05 | おしらせ | Comments(0)
2013年 04月 17日

カップオブエクセレンス2012コロンビア ラ・プラヤ

f0231406_1626751.jpg
農園主のセグンド氏はナリーニョ県ラ・フロリダ地区で生まれ育ち、
彼の父親がこの土地でコーヒー農園を経営していた影響から
幼少時代を学校以外では農園の仕事の手伝いをして過ごしました。
彼は兄弟とともに農園に通い、
遊びと農園の手伝いの中でコーヒーという作物に興味を持ちました。

そして彼が19歳の時に転機が訪れ、“La Playa”農園の農園主となりました。
彼は従来この土地で栽培されていたティピカ種からカトゥーラ種への植え替えを行い、
生産量を飛躍的にあげることに成功しました。

また農園の経営方針として社会的・経済的・環境的側面から
サスティナビリティ(持続可能性)に配慮し、
高品質のコーヒーを生産することを重要視しています。
それは結果としてレインフォレスト・アライアンス認証取得という実績にもつながっています。

今日も彼は、高品質のコーヒーを栽培するために愛する家族の協力を得ながら
絶え間ない努力を続けています。

そのような姿勢が他のコーヒーとは異なる特徴的なカップクオリティを生み出しているのです。




丸く口当たりのいい明るい酸味が特長。
リンゴや梨、レモンなどの印象があります。
春にピッタリの明るくさわやかなコーヒーだと思います。

農園名:ラ・プラヤ 農園
農園主名:セグンド・エンゲル・レオン・ビジャレアル・グスチン
地域:ナリーニョ県 ラ・フロリダ地区
スコア:87.38
標高:1,500 m
品種:Colombia 50% & Caturra 50%
カップコメント
AROMA/FLAVOR:
red fruits, herbaceous, vanilla, apricot, milk, chocolate,
red grapes, red apple, green tomato
ACIDITY:
bright, lively, intense lemon, juicy, malic, pear
OTHER:
balanced, silky, round mouthfeel, Meyer lemon in finish, complex

[PR]

by motoyama-coffee | 2013-04-17 16:39 | カップオブエクセレンス | Comments(0)
2013年 04月 01日

最後の日

f0231406_17515175.jpg

大牟田のパン屋、フランチェスカさんが3月31日で閉店ということで、
昨日行ってまいりました。

お店の前には、長い長い行列ができていました。
10時オープンだったのですが、私たちの5,6人前で売り切れに。
11時ちょっと前でした。
残念ながら、パン(昨日はベーグルデイでした)は買う事ができなかったのですが、
おそらくここ数日不眠不休でパンを焼き続けたであろう、オーナーの高口さんに
お疲れさまでした!の言葉をかけることができ、満足でした。

 オシャレなだけの店ならくさるほどあるけど、フランチェスカは明らかに違いました。
ぎょぎょっとしてしまうあの空間とあのパンに、何も説明のいらないオーナーの意思が
あらわれていました。

フランチェスカのパンがもう食べれないと思うと残念ですが、
ハッピーなお別れなので、今後に期待したいです。

 おいしいパンと高口さんにリスペクト!
[PR]

by motoyama-coffee | 2013-04-01 19:01 | 四方山話 | Comments(0)


    



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧