コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 30日

街のはずれのコーヒー屋

「コーヒーもう一杯」はボブディランのアルバム「欲望」のなかの一曲のタイトル。

そして漫画の「コーヒーもう一杯」の舞台によく登場するのが昔ながらの喫茶店。

福岡で二十代を過ごした僕はなんとなく天神の“風街”を思い出すのです。
いまは移転してしまったけれどすぐ近くに有名な中古盤屋”ジュークレコード”があって、
ロックが好きな僕はよく通っていたのです。

“風街”はたぶん、はっぴぃえんどのアルバム「風街ろまん」からとったものだろうし、
店構えの醸し出すオーラというか勝手なフォーク喫茶という時代錯誤な思いこみから
ずっと店に踏み入ることはなかったんです。

ただでさえ、あの鮎川誠さんを始めとする博多のロックを影から支え続けてきた
松本“キンキー”康さんが営む”ジュークレコード”で緊張しながら
レコードをチョイスした後では、魔のフォーク喫茶(思い込み)に踏み入る
気力はなかったんです。

大学も卒業して、しばらくたったある時、昼飯をたべようと現ショップリーダーに
連れられて入ったのが最初だったんです。

そしてそこは想像とは違う、活気があって店員さんも気負わず必要十分、
思う存分ぼさっとできる居心地のよい喫茶店だったんです。
メニューの説明文も懐かしさを感じる字体でユニークな文章で楽しめます。

それからは一人で天神にでたときにも立ち寄るようになったんです。

もうすぐ秋なんです。
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-08-30 17:59 | Comments(0)


<< わが心の80年代      本山文庫 >>



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧