コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 16日

赤と黒

f0231406_16145570.jpg

 久々に古典文学を読みました。ジュリアン・ソレルという主人公、私は好きです。  

自尊心が傷つけられることは許せても、それをそのまま黙っている自分は許せん、的な強烈な矜持?

の持ち主。貴族社会に入りこみ野望に燃える野心家、よりも最期まで“精神的貴族”であったこと

にアッパレ!です。美貌で天才、自分よりも身分の高い女性からもてまくるといったような恋愛模様

もナポレオン失脚後のフランスの政治背景もありーので「小説」としてもかなり面白い作品であると

思いました。

But!私が読みました光文社古典新訳文庫のこの新訳に対し、やれ~誤訳だ、読みやすさだけで

良いのか等の批評があったようです。私としましては「読みやすいの、ええやん!」と思うのです。

海外文学を読みたいと思った私の様なチャラい人が、岩波文庫で挫折して「赤と黒」を読まないまま

よりも読みやすい新訳で古典文学を読んだ方がいいと思います。次にも繋がりますし。

出版社もそういった意図で古典新訳文庫を創刊したと思いますしね。もう一つのターゲット層(旧訳

に親しんできた)がやんや言ってるようですね、どうやら。

f0231406_17351737.jpg
 黒と白
[PR]

by motoyama-coffee | 2010-09-16 17:43 | | Comments(0)


<< カッピングとテイスティング      犬なしでは >>



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧