コーヒーのモトヤマの素

motocoffee.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 11日

COE2012ブラジルEarlyHARVESTシッチォ ダ トーレ

f0231406_1425397.png
ミナスジェライス州のマンチケイラ山脈に位置するカルモデミナスにトーレ農園はあります。
コーヒーを生産をはじめて現在のアルバロ・アントニオ・ペレイラ・コリで4代目です。
2003年よりパルプドナチュラルの精算処理工程を始めました。
彼らは高品質コーヒーを作りながら、環境を保護することを決して忘れていません。
なぜなら人間と環境の複合作用が持続可能なコーヒー生産をもたらしてくれると考えているからです。

≪取得認証≫
Certifica Minas,/Fairtrade /BSCA/Rainforest Alliance(取得準備中)



当店でもお馴染になってきたカップオブエクセレンスのコーヒーですが、
ブラジルではアーリーハーベストとレイトハーベストの年間二回、開催されています。
アーリーハーベストではパルプトナチュラルという精選方法でつくられたコーヒーで
品評会が行われます。
パルプトナチュラルとは摘み取られたコーヒーチェリーをパルパーと呼ばれる
巨大な遠心分離機のような機械で熟した果肉部分を剥ぎ取り、
ミューシレージというべたべたした粘液質を残した状態で乾燥させ精選する方法です。
近年、このパルプトナチュラルが普及したおかげで
ブラジルコーヒーの品質が向上されたという声もあるほどです。

今回のシッチォ ダ トーレはパルプトナチュラルらしくクリーンでさわやかな酸味で
ありながらはちみつやビターチョコを思わせる後口に熟度の高さを感じさせます。
ナチュラル精選のバウ農園と飲み比べてみると違いがよくわかると思います。

農園名:Sítio da Torre シッチォ ダ トーレ
農園主:Alvaro Antônio Pereira Coli アルバロ アントニオ ペレイラ コリ
地域・エリア名:Carmo de Minas カルモ・デ・ミナス/ミナスジェライス州
農園面積:23ヘクタール
コーヒー栽培面積:18ヘクタール
標高:1,300m
品種:イエローブルボン、イエローカトゥアイ
生産処理(精製):パルプドナチュラル
カップコメント
アロマ/フレーバー :
はちみつ,スイートキャラメル,オレンジ,ブラックチェリー,
ビターチョコ,グレープ、スパイスレザー、キャンディー
酸の特性: さわやか、明瞭,明るい,サワーチェリー 
その他:透明感のある、クリーミーボディー,後味が長い、厚みのある力強いボディー、質感

[PR]

by motoyama-coffee | 2013-08-11 15:05 | カップオブエクセレンス | Comments(0)


<< Information      アイスコーヒーをテイクアウトし... >>



以前の記事
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧